movie book art etc…

_

 

 

 

 

最近の夢は、色がついていて目まぐるしく状況が動く

 

ある日の夢。金魚がたくさん泳いでる水槽の掃除をしてたら、一匹ぷかぷか浮いてきて、手のひらでそっとすくう。冷たく小さい

横に置いて掃除を再開すると、次々に赤い金魚が水面に浮かんできて、止められなくて泣いている。あっという間の出来事だった。金魚好きなので、悲しかった

昨日の夢は、寝ているときに蛇が二匹出てきた。一匹はコブラだった。毒をもってて危ないのに私はそんなに驚かず、じっと見ていた。コブラは威嚇してきて近づこうとするんだけど、よく見ると蛇の体は床に半分以上埋まっていて、そこから動けないのだった。苦しそうにも見えたし、何にも考えてないようにも受け取れた。可哀想に思って助けようとしたところで目が覚める。あと一匹は縞模様があったことを後から思い出す。夜なのに、状況がわかるくらい室内は明るくて、時間の進み具合が遅い。横には、誰か一緒に眠っていた気配があって、それが誰なのかはわからなかった

夢は、不思議で異空間に連れていってくれる。悪夢は前より減ったように思う。

でも、記憶と結び付いていて、断片的に出てきたりするからか、現実との境目が曖昧になりやすく呑まれそうで怖くなる。足を引っ張られると抜け出せなくなりそう。

 

 

こわいと感じることから、逃げてばかりいるからいつまでも弱いままなのかもしれないとたまに思う。

誰かと一緒にいても、触れられない自分だけの空間があって、その部分でずっと闘ってる気がする。終わりがない、先も見えない。強くなりたいのになれない原因は、そこ答えがあるのかもしれない。『寂しさや孤独は他者と共鳴できるけど、最後に救えるのは自分しかいない』と本に書かれていて、泣いてしまった