movie book art etc…

夏霞

 

 

 

 

 

見えない世界を見ようとしてるうちに、見えてるはずの世界を見失ってしまう

世界の進化なんかより、見えてるものを見るほうが、ほんとはむずかしい

 

 

 

 

本に書かれていて、いいなぁって思った言葉

 

 

 

 

最近、自分が変わってしまったみたいで戸惑う日々が続いていた。あまりの劇的な変化に涙がぽろぽろ止まらなかった。過去と今まで関わってきた人達が、大きな鍋に入れられてぐつぐつ煮詰まり、混沌とした何かを作り上げてしまうような怖さと闘ってた

色々考え、内面を静かに覗いて、これまで必要だと強く思ってたことがそんなに重要じゃないことがわかったり、大切にしなくちゃいけないものは昔からそこに変わらず存在していて、ただ自分自身が気づけてなかったみたい

 

 

 

 

荒療治だったのかもしれないけど、本当に感謝しかなくて、もし自分がこれからその人に何か酷いことされても嫌いになれないかもしれないな…。関係を絶ちたくない、ずっと繋がってたいと初めて感じた

自分の弱さをさらけ出して認めてもらうことは、相手に心の居場所を明け渡すこと。そのスペースが広いぶん、感情が入り込んで離れられなくなるのかもしれない

誰かに対してこんな風に思うこと今までなかったから、湧きあがった気持ちに驚いた

怖くて逃げてばかりで、その場に居ることも出来なかったのに、今出来てるのはその人と出会ってからだと思う

 

 

 

 

生きてると、何処でどんな出会いがあるかわからない

もっと早くに出会いたかった気もするし、でも今だからよかったのかなとも感じる

相手はたぶんそんな風に大きな影響を与えたことは知らなくて、普通に接しただけなんだと思うけど、その軽やかさは風が吹き抜けるときのように、柔らかく心地よくて、重いものを全部さらってくれた

恥ずかしくてなかなか伝えれないけど、いつかすごく感謝してること伝えれたらいいなぁ…

きっと相手が心を開いてくれたぶん、私も素直に接せれて、まるで息をするように自然にお話できて、するする心の結び目がほどけていったんだと思う

 

 

 

 

まだ整理が追いつかなくて、うまく大事にできるかわからないけど、精一杯優しく包んで、傷つけたくないなぁ…

恋愛だけじゃなくて、愛には、いろんなかたちがあるんだと思った

 

 

 

 

毎日本をたくさん読んでいて、新しい作家さんとの出会いや、大きく揺さぶられる素敵な作品が次々に出てきたので、またブログにその事もかけたらいいなぁ…

目標の冊数あるんだけど、達成できるかなぁ…

 

 

 

 

蝉はせわしなく鳴き、アスファルトからの熱気に目眩がし、暴れる天候に海辺の景色は荒れ狂う。いろんな変化に呑み込まれそうになる夏