movie book art etc…

 

 

 

 

明日は、雪が降るみたい

なんと私が家にこもってストーブでぽかぽかしていた昨日、外では少し降ってたようで見逃してしまった。窓からでも眺められたらよかったなぁ…。はらはら舞うような雪はいつもすぐに止んでしまう

住んでいる地域は滅多に雪が降ることはなく、毎年降るのを楽しみにわくわくしながら過ごす

年内に降るのは珍しいから、もしかしたら来年の一月や二月もよく降るのかなぁ。そうだったらいいなぁ…

積もった雪を踏みしめながら歩いたり、かまくらや雪だるまつくるの憧れ。雪合戦もしてみたい

マフラーはするけど、なんとなく手袋の出番は少ないなぁ…と、こないだ出掛けるとき思った

 

 

 

 

 

しばらくブログを書いてない間、映画を観て面白い作品に多く出会えた。今年は映画ばかりみてた気がする。本は少なめだったなぁ…。夜中にあったかいもの飲みながらまったり観るのがしあわせ

映画を観たあとすぐ眠り、作品の続きのような夢をみて、起きても夢心地でふわふわした感覚のまま、日中が流れていくことが何日もあった

一年間のベスト10を決めようかなぁと思ったけど、悩みすぎて順番をつけれなかった

最近観た中で、心に残ったものをいくつか

 

 

 

 

 

『浮き雲』


f:id:lll__c:20171212020109j:image

 

 

すごく好きな作品

変わりゆく環境に立ち向かう夫婦の絆を独特の空気感で描く。妻役のカティ・オウティネンさん、『愛しのタチアナ』のときも気だるげで可愛らしくとてもよかった。音楽、色使いも毎回素敵で嬉しくなる

一日の終わりにみると、ほっと心が落ち着く

カウリスマキ監督の描く静かで穏やかな日常は、ずっとそこの場所に居たくなるような気分になる。 だから一つ観たら、すぐ次の作品を観たくなってしまう。いつでもその世界に入れるようにDVDが欲しいなぁ…

 

 

 

 

『淵に立つ』

 
f:id:lll__c:20171212031835j:image

 

 

 

浅野忠信さん、素晴らしかった

表情、佇まい、目線、声色

この作品は浅野さんの存在なくして成り立たない

もっと話題になってもいいんじゃないかなぁと思うくらい傑作だと思う

終始緊張感が漂い、ただならぬ方向にひたひたと向かう様子は目が離せなくなる。刺激的な展開やラストも特徴的なので、好き嫌いわかれる作品

嫌いな人は、観たことを後悔するかも…

私は、作中で撮っていた家族写真さえも今は直視できないくらい怖いから、二回目はみれないかなぁと感じてる

最近邦画ほとんど観てなかったけど、こんな良作が隠れてるなんてびっくりした

 

 

 

 

ドキドキする作品といえば、ハネケ監督の『隠された記憶』や韓国映画『哭声』も面白かった

哭声は、よく考えて作られてる作品だと本当に感心したし、『お嬢さん』と同じで、観たあと激しさに頭がくらくらしてして、ぼーっとなってしまった。韓国映画すごい

 

 

 

 

年末にかけて、まだまだ観る予定なので楽しみ。クリスマスらしい映画を探していて、なにかいいのあるといいなぁ…

明日は雪みるために出掛ける予定

たくさん降りますように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする