movie book art etc…

季節の


f:id:lll__c:20170305015516j:image

 

 

 

 

ぱらぱらめくったら、寂しそうで静かな絵が文章の合間にたくさんあって、思わず買ってしまった

この日は、春らしいふんわりしたもの、まだ遠い夏のソーダ水や駆け抜ける自転車、じりじりした太陽を感じるものまで

 

 

絵があるものあんまり読まないから、時間をかけて大事に読みたいなぁ

 

 

古本屋の独特な匂いは少し苦手だけど、安い掘り出し物に出逢えて、のんびり流れる緩さみたいなのすごくいいなぁと思う

書店の隙がなくずらりと並ぶ新しい本や、きちきちした店員さんのエプロン、新鮮な洗い立ての果物みたいな雰囲気も、好き

 

 

本屋も図書館も、本がある場所は落ち着くし、いる人達もそんなに急いでなくて、穏やかな時間が心地いい

 

 

今日は、日差しが強くて暑かった

グラスの中、アイスコーヒーの氷の溶ける速さで季節を想う

お散歩してる人は、何考えて歩いてるのかなぁとか、桜の出てくる映画、春休みの献立…

 

そんなこと思い浮かべながら過ぎた一日だった