movie book art etc…

夢と桜

 

 

 

 

昨日は、ひどい夢だった

ぱっと起きて、しばらくうーっとなり顔を洗って朝ごはんを食べたけど、心が麻痺してた。今日はもしかしたら一日引きずられるかもしれない。そんなふうに思った

日常はいつも通りで、時間は穏やかに過ぎ、夜はあっというまにくる

また眠る時間だ

悪夢をみた日の夜中は眠りに入るのに、どきどきしてしまう

また昨日の夢、みないといいなぁ…

 

朝はあんなにどんよりした夢だったけど、時間が経つたびに少しずつ薄れていってる。みた直後のようには、何もかも思い出せない

何日かしたらもうすっかり忘れてるんだろうなぁ…

夢に泣いたりしても、いずれ忘れちゃうのは本当によかったと思う

 

どうしてなにもかも忘れちゃうんだろう

 

願っても消えゆくもの

楽しかった思い出は切なさで戻ってきて、どんな過去も思い出すときは、薄くベールがかかっている

よかった思い出ほど悲しくなったりするときもあって、このきもちはなんだろうって考えたりする

 

最近朝は寒いけど、昼間はちょっとずつあたたかくなってきた

風の温度が心地よくなると、くるりが聴きたくなる

イヤホンが片方壊れてて、買いかえなくちゃと思いながら、何日か経っている

春はパステルカラーの絵の具を淡く散りばめたような水彩画のイメージ

桜もとろけそうなピンク色だし、植物は豊かに芽吹き始め、沢山の色が街を点々と染めていく

海が見えるぽかぽかした公園のベンチに座って、カフェで買ったパンを食べながら日向ぼっこしたいな

 

女の子たちのスカートはひらひら揺らめいて、行き交う人々もほんのり足どりが軽やかな気がする

 

 

桜は儚いから美しい

いいなぁと思った瞬間には、もうなくなってる

花火も紅葉、雪も

刹那的で、毎年同じ季節に戻ってくる律儀さがいいなぁと思う

今年のお花見はどこにいこうかな

フルーツサンド作っていこう