読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新作

 

 

 

 

 

村上春樹さんの新作が発売されるそうで、すごく気になっている

とても好きな作家さんで、中毒性があるなぁと冊を重ねるたびに思う

読む前は、好き嫌いがわかれやすいと聞いて構えながら読んだのだけど、今はとっぷりとはまりこんでしまっている

うまく言えないけど、透明な階段を一歩ずつ踏み外し堕ちていくような喪失感や、アイロンをかけ、ゆっくり料理をしたり丁寧に生活をする清潔なところがとても気に入っている

 

たとえ血が出てきても、血の匂いがあまりしないように思う

空気は湿りと乾きが絶妙な位置付けで漂い、優しくもなく冷たくもない

淡々とこなしていく、主人公の日々にいつの間にか、さらわれている

 

私が今のところ一番好きな作品は、「風の歌を聴け

1Q84海辺のカフカなど、おおかた有名な作品を楽しんだ後に読んだのだけど、村上春樹さんの原点がぎゅっと濃縮されていた

 

他に好きな作家さんもいるけど、読んでいて心が落ち着き、日々を柔和にしてくれるのは村上さんが一番だと思う

 

主人公はいつも何かを失い探しているし、電話はときどき鳴り、猫は寄り添っている

 

全部の作品を読んだあとに、新作読みたいなぁ…

楽しみにとっておきたい