読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねむり

 

 

 

 

彼の息遣い、やわらかい耳たぶ

眠りにおち、きもちよさそうに呼吸する身体

柔軟剤の匂いにくるまれた、暗くて甘い部屋

 

すべてなくなることを考えるたび、息がとまりそうなくらいつらくなる

出会う前より出会ったあとの方が苦しいきがする

楽しいことや嬉しいことと同じくらい、つらくて悲しいきもちになる

たまに冷たいお墓の前で、花を持って立っている彼の姿を思い浮かべる

先にいなくなるのと、あとにいなくなるの、どちらがつらいんだろう…?