読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重なる

好きのきもちは、相手を嫌いになれない項目が自分のなかで、薄い布を重ねるように少しずつ積もっていくことだと思う

 

好きと割合が多くなったり少なくなったりとかではなく、また違う枠組みが作られていて、日々ひっそりと重なっている

 

線引きはあるけど、同じことをされてもなぜか許してしまう

最初からやっぱりどこか特別なのかな

だから恋に落ちたのかもしれない