_

最近、心配事あって不安なきもちでいっぱい。自分でどうにかできたらいいのだけど、それもできないからただ心配するしかなくてそんな自分にもやもや… もっと精神的に強くなりたい 一個がだめになると、順番に少しずつ崩れていく 様々な試練を経験すると強く…

パターソン観たいなぁ… 近くの映画館では上映してなくて、すごく残念。。私のみたい作品は、他の映画館でしか上映してないのが多くていつもDVD待ちになってしまう。たまにDVDで待ってても、レンタル店にも入らなかったりもして悲しくなる。 都内の名画座やオ…

_

いつもこの時間まで起きていて、夜に同化してしまいそうになる。身体や髪の匂いや体温もそのまま全身ゆっくり溶けていけばいいのになぁとたまに思う。ねむれないと気づいてからの夜は長い。白くなってくる空の色で、ぼんやり時刻を計る。 今日、ヒッチハイク…

やさしい曲

寝る前のスピッツ、とってもやさしくて染み込む おふとんの中、電気は消して真っ暗な部屋で聴く。アルバムのフェイクファー、エトランゼでうるっとして、毎回冷たい頬で涙がこぼれる。「仲良し」も二人の関係性が切なくて…。最後のフェイクファー、一番好き …

九月

風が強い日。 ベランダの洗濯物は、はたはたと大きく揺れそのカラフルな色を散らす。道路を見下ろすと、歩きながらベビーカーを押す母親は子供を風から守ろうと必死だった。ふんわりしたほっぺが柔らかそうで、こぼれそうな笑顔で横になっている姿がちらっと…

「」

川上未映子さんの「愛の夢とか」を読んだ。 アイスクリーム熱を読んだあと、なんとなくもう読みたくなくなって机に置いたままにしてた。何日か過ぎて、続きから順番に読まず短編をばらばらに読んでいく 私が好きだったのは「いちご畑が永遠につづいてゆくの…

南瓜とマヨネーズ

『南瓜とマヨネーズ』 監督:冨永昌敬 原作:魚喃キリコ キャスト:臼田あさ美、太賀、清水くるみ、浅香航大、オダギリジョーetc… 音楽:やくしまるえつこ 11/11に公開されるみたいなんだけど、とても観たいなぁと思う作品。冨永昌敬監督は、過去に「乱暴と待機…

八月

お盆の時期に、お墓で花火をするのは珍しいことだということを最近知ってびっくりした。私のところの地域は夕方くらい、早い人はお昼過ぎからお墓に行き、箒で掃除をし、提灯を飾りつけ、うちわ片手にのんびり涼しくなるまで過ごす。おじいさんやおばあさん…

大好きな映画、15

おふとん入ってもなかなか眠れないからblogをぽちぽちしてる。 最近、また映画をよく借りてみるのが日課になってきた。 映画のことを考えると、いつもわくわくしてくる。約二時間弱の物語は、完成を目標に沢山の人達が関わり、一つ一つ丁寧に時間をかけて作…

_

クーリンチェ少年殺人事件 恋の渦 blue そうして私たちはプールに金魚を お嬢さん 7番房の奇跡 スカーフェイス 湯を沸かすほどの熱い愛 ゆきゆきて、神軍 ディーバ 裏窓 やさしい人 観たい作品 恐怖分子がよかったから、エドワード・ヤンさんの作品もっと追…

/

ずっと忘れられない人ばかり、想ってしまう。夢に出てくる。 忘れられないってどういうことだろう。 感情に深く刻まれてるのか、今でも想ってるのか、よくわからないもやもやした気持ちと愛しいきもちが混ざりあう。 忘れる努力をしてもまた同じところに戻っ…

君の名は

「君の名は。」をやっと観た。 公開されてもう一年近く経ったなんて信じられないなぁ…。新海誠さんの作品は「秒速5センチメートル」、「言の葉の庭」この二作がとても好き。 他にも観たけど、この二つは特別かなぁ。 映像が美しいから映画館向けだなぁと思っ…

_

夏休みの図書館は、ひんやりしてきもちいい。 クーラーがきいた部屋は火照った肌をゆっくり冷まし、本を選んでしまうころには外の熱気のことなんてすっかり忘れてしまっている。思い思いに色んな人が本を選び、椅子に座って読んでいたり、資料を片手に学生た…

六月

『六月に入りました。雨はまだあんまり降らず、梅雨ももう少し先になるのかなぁ。アスファルトは照り返す暑さで、じりじりふやけそうなくらい もうすぐまたあの暑い夏がくる アイスは食べる先から溶けていき、プールにぱしゃぱしゃ遊ばせる足音、涼しそうに…

映画

「ルーム」(2015) 久しぶりに映画を観て、こんなに泣いてしまいました。素晴らしい作品 ずっと気になっていて、あえてあまり内容を調べずに観ました。実際に起こった事件をもとに本が書かれ、それを実写化したそうで、後から知ってびっくり あんまり書くとネ…

気になってる写真集 海や森、自然の静かな一瞬を撮ったものが好きなのかもしれない あとシンプルなデザインの建築とか 朝早くから予定があるから寝なくちゃなのに、全然ねむれないなぁ…。ねなくちゃって思えば思うほどねむれないよね。。うーん…

洗濯

お天気のいい日の洗濯物は、とってもきもちがいいものだと思う 風でふわふわやわらかそうに動く様子や太陽をたくさん浴びて真っ白に汚れのない清潔なところも 晴れの日は、何回も洗濯機を回す。そして次々に干していく。ベランダはスペースが限られてるから…

最近の気になった言葉 失われたものに対して「もともと失うべきものだったんだ」と考える 「忘れることは救われることです」 上司というものは、論破すべき相手ではなく利用すべき相手なんだ 反抗しやすい彼女に、彼がアドバイスした言葉なのだけど、的を射…

「」

「それは、入江くんがもうわたしの人生の登場人物じゃないからなんだよ」 十五年ぶりに会った友達に、にっこり笑いながらこんなこと言われたらどんな気持ちするんだろう…? 真夜中を語る、消えてしまいそうな儚く美しい描写と、生々しい人間の内面をねっとり…

旅、真夜中

久しぶりのblogです 楽しみにしていた旅行は、最初から最後まで、のびやかなすっきりした気持ちで過ごすことができて、本当にいい思い出になりました 遠い知らない場所へ行くと、自分が何者でもないことを思い知らされて、何処にでも飛び立てるような、大空…

_

久しぶりによく眠った いつもは眠りが浅かったり、すぐ目覚めて、そのあとはなかなか寝つけなかったりする 昨日は、本当にぐっすり。眠る前うとうとしてる時、今日はきっとよく眠れるだろうなぁと感じた。夢の中で「あ、この夢の内容、起きたら夢占いで調べ…

さらさら

昨日は一日中雨だった しとしと静かに降っていて、野良猫は屋根の下でのんびり雨宿りをしていた 人間みたいに憂鬱に空を眺めるんじゃなく、いつ止んでもずっと降っていても、どちらでもかまわないよ、とゆったりした休憩 雨の街は、流れる喧騒がくぐもって柔…

表と裏

ハネムーンのまなかと裕志の会話はいつも、風でそよいでる芝生の上でサンドイッチ食べながらぽつぽつ話してるみたいで、ねむたくなる 語りかけたら、言葉を丁寧に選んで返してくれて、その空気を心地いいなと思うの幸せなことなんだろうなぁ… 誰でもない、そ…

「」

今日は野球の延長で、カルテットも一時間くらい延長になった 夜の野球は、小さい頃からまだかなぁまだかなぁと思ってしまう時間 父が試合を観て、お気に入りのチームが負けると機嫌が少し悪くなってたのを思い出す 私は、高校のとき野球部のマネージャーをし…

花火

花火のようなことを世界に示して 世界が私たちのほうに恋をした 今日よしもとばななさんのハネムーンを読んでいて、好きだった言葉 よしもとばななさん、やわらかくて優しくてふかふかのソファみたいな感じ 包まれてぐっすり眠りたくなる 大切な存在の死につ…

白い階段を駆け下りた廊下の先に、目線と消えた姿を辿る どんな関係性か思い出せなくて、でも彼が被っていた紺色の野球帽なら思い出せる 名字や笑った顔、走り去った温度も 夢に左右される、か弱い記憶が苦しくて あちこちに散らばってる小さな気持ちを一つ…

季節の

ぱらぱらめくったら、寂しそうで静かな絵が文章の合間にたくさんあって、思わず買ってしまった この日は、春らしいふんわりしたもの、まだ遠い夏のソーダ水や駆け抜ける自転車、じりじりした太陽を感じるものまで 絵があるものあんまり読まないから、時間を…

忘れない

忘れない、っていい言葉 ずっと心に残り続けれたらいいのにな 愛の言葉より、 ずっと忘れないよって言われたい

旅行と本

三月がはじまった 今年に入ってからもう二ヶ月があっというまに過ぎたけど、年々月日が経つのが早送りされてるように感じる これからもこんな感じなのかなぁ… ぱっと終わってく間に何かできたらいいなぁと思う 一日一日大事に過ごしたい 今月、大きな旅行を…

夢と桜

昨日は、ひどい夢だった ぱっと起きて、しばらくうーっとなり顔を洗って朝ごはんを食べたけど、心が麻痺してた。今日はもしかしたら一日引きずられるかもしれない。そんなふうに思った 日常はいつも通りで、時間は穏やかに過ぎ、夜はあっというまにくる また…