movie book art etc…

目線

 

 

 

 

すれ違いざま、さまよいながら漂う視線

目が合う瞬間、そらす先にみえるうつむき加減の顔

 

 

 

 

 

目線には色気がある

 

弱く揺れるものには、感情が表れる

 

 

 

 

 

 

 

 

重なる

好きのきもちは、相手を嫌いになれない項目が自分のなかで、薄い布を重ねるように少しずつ積もっていくことだと思う

 

好きと割合が多くなったり少なくなったりとかではなく、また違う枠組みが作られていて、日々ひっそりと重なっている

 

線引きはあるけど、同じことをされてもなぜか許してしまう

最初からやっぱりどこか特別なのかな

だから恋に落ちたのかもしれない 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カルテット

カルテット、おもしろい

まったりした掛けあいとか、冬の森とか

謎と一緒に進んでく、恋愛も

 

すずめちゃん、かわいい

四人の距離感もいいなぁ

片思いって、少しのことでどきどきしたり、いつのまにか頭に浮かんでたり

四人の恋、どうなるんだろうなぁ…

 

さみしさを癒してくれるような仲間、素敵だなぁと思った

血のつながりがなくてもわかりあえて、あたためあえる関係っていいな

人じゃなくても、楽器でも、その人によって形をかえていくもの

なぐさめは、生きてく糧になるんだと思う

毎回でてくるおいしそうな食べ物、夜なのにちょっとずるい

来週も楽しみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オムレツ

夕飯のオムレツ、ふわふわにできて嬉しかった

牛乳を少しいれたらクリーミーになっておいしい

つけあわせに水菜のサラダも作ったよ

バターをフライパンにおとして、立ち上ってくる香りはすごくいい匂いで、おなかがすいてくる

にんにくとバターの組み合わせも、いいよね

ごま油と生姜も

ごはんを作るのは、寒い寒いどこか、ストーブであたたまった部屋のキッチンに立って、炒めたり煮込んだりするイメージがいつも頭のなかにある

毎日夕飯なんにしようかなって、考える時間もたのしい

おいしそうに食べてくれる人がいると、がんばろうってなる

もうすぐバレンタインデーだ

今年はチョコなんにしようかなぁ…

 

 

 

 

夢のはなし

眠れずに携帯をぽちぽちしている

この時間は甘いような苦しいような、なんとも言えない時間

うとうとして夢にすとんと入れる日もあれば、目を閉じてもいろんな光景が浮かび、締め付けられるほど、きもちが凍る日もある

繰り返しみる夢があって、その場面は簡単に思い出せるほど、染みついている

過去の断面を切り取って、新しいものと張り合わせたようなちぐはぐの夢の行方は、いつもわからない場所へ向かう

世界中の人たちと、夢を交換してみたい

悪夢なんてこの世から消え去って、貘もゆっくり眠れる日がくるといいのにな

お気に入りの毛布にくるまり、枕をして、天井を見上げ、目を閉じる

その先の暗闇にみえるものに怯えないようになりたい