八月

 

 

 

 

 

お盆の時期に、お墓で花火をするのは珍しいことだということを最近知ってびっくりした。私のところの地域は夕方くらい、早い人はお昼過ぎからお墓に行き、箒で掃除をし、提灯を飾りつけ、うちわ片手にのんびり涼しくなるまで過ごす。おじいさんやおばあさんに多いかな…。親戚がわらわらと集まり、遠方からの人達は話に花が咲いて、お酒やお刺身を食べながら賑やかに食卓を囲む。子供達はみんな夜の花火を楽しみにしていて、お墓に着いてお参りしたあと、はしゃぎながら手持ち花火に次々と火をつけていく。始める時間とかは決まってなくて、周りが始めてたら私もという雰囲気が全体にじんわり徐々に広がっていく感じがゆるくてとても好き。夜のお墓と聞くと怖いイメージだけど、たくさんのお墓が並ぶ中であちらこちらに花火の光が見えるのは不思議と怖くなくて、むしろ楽しそうな話し声がたくさん聞こえ「あ、この季節が来た。お盆だなぁ…」と和やかなきもちになる。

花火を楽しむ傍ら、線香の太い束を手に握り、ご近所さんや知り合いのお墓を回る。みんな行ったり来たりして、小さい頃は知らない人達がお墓にたくさん来るので戸惑ったりすることもあった。

今はもう大人になってるのであんまりそんなことはないけど、毎年この時期だけに会う、顔は知ってるけど名前も連絡先もちょっとわからないあやふやな人が二人いる。

おばあちゃんに聞いてみようかと思うけど、いつも聞くの忘れてしまうなぁ…。

そんな風に夕方から夜に時間が流れていき、20時くらいから精霊流しがある。色とりどりの提灯がつき、お花や果物、中には故人の大切にしていたものが積まれた船は、潮の流れとともに少しずつ遠くなりながら濃紺の海に消えていく。

私はこの行事が気に入っていて、慌ただしく過ぎてく日常のなかで、ぱっと瞬間に色濃く季節を感じる大切な行事だなぁと思う。

ずっと続いてほしいなぁ…

二、三日涼しい日が続いていたけど、明日はまた暑くなるみたい。秋の、枯れ葉に染まる道路や赤や黄色のグラデーションが美しい山並み、肌寒くなってニットをモコモコ着たり、ココアを飲んだりする温度が恋しい。

行きたい公園もあるし、秋はきっと今より元気になると思う

 

 

 

 

 

 

 

大好きな映画、15

 

 

おふとん入ってもなかなか眠れないからblogをぽちぽちしてる。

最近、また映画をよく借りてみるのが日課になってきた。

映画のことを考えると、いつもわくわくしてくる。約二時間弱の物語は、完成を目標に沢山の人達が関わり、一つ一つ丁寧に時間をかけて作られる。同じ監督を追いかけるときは、時代背景と前作のつながりを考え、納得したり感心したり。全体を通して何か大きなメッセージ性を強く感じたり…。映画から学んだことは計り知れないくらい多い。人生に影響を与えるほど、心の底から救われた作品もある。

でも私が映画を観る理由は、未知なる出会いへの期待が大部分を占める。もうすぐで700作品くらいになるけど、やっぱりいつも観る前にこの作品で「驚きたい」と思ってしまう。結末でどんでん返しがきたり、時間軸があちこち移動したり、よくわけがわからない作品も全部驚きがあるから、面白い。思ってもみないところから全く違う視点がくると、凄く高揚する。病みつきになり、もっともっと、ってなってしまう。

毎回新しい作品を見るたび、まだ映画なんて一作もみたことない自分になれたらいいのになぁと感じる。やっぱり回数が増えるごとに、この雰囲気みたことあるかも…とか、先がなんとなく読めてしまうのは、とても悲しい。

映画と原作をセットにして、見比べるのも楽しい。たまに原作を超えたりするのもあるから、わぁっと感激する。

映画を観たあと、原作を読むと腑におちたり、理解度が深まるのも味わいがある。

今まで観た作品をずらっと眺めてみて、ベスト15を決めてみた。本当に難しくて、好きな作品は全部で50くらいあったけど、そのなかでも特別に大好きなものを順番に。

今まで観た作品を辿るのも、あの時はこんなことがあったなぁと思い出し、時の流れを感じるなぁ…

 

 

 

□ベスト15□

 

 

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

*べティブルー

*INTO THE WILD

タクシードライバー

*穴

スワロウテイル 

*オアシス

汚れた血

*草原の実験

オールドボーイ(パク・チャヌク監督)

レザボア・ドッグス

*LEON

ドラゴンタトゥーの女

ジョゼと虎と魚たち

*三月のライオン(矢崎仁司監督)

 

 

 

ベスト1は、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズです。この作品を観たとき、あまりのかっこよさに衝撃を受けて、これから映画を追いかけていきたいと強く感じた一作。こんなすごい作品に出会えるなら映画は宝だ、と思った。

ギャング系は好きで結構みてるけど、これほど面白くてスタイリッシュな作品には、まだ出会ってないかなぁ。

ガイ・リッチー監督は、スナッチもあるけどやっぱりこちらが好き。 

 

 

ベスト2は、べティブルー

恋愛の理想。こんなに激しくて苦しく切ない全身全霊をかけた恋愛できるなら、もうなんにもいらないと思う 

 

 

ベスト3

INTO THE WILD

人生の価値観がガラリと変わった大切な作品。原作も素晴らしすぎて、涙が止まらなかった。生きる意味、自然の偉大さ、自分とは何か

 

 

 

ベスト15までの中で特にオススメなのが、韓国映画のオアシスとジャックベッケル監督の「穴」です。 

 

 

 

 

この15作品、ジャンルはバラバラだけど全部素敵な作品だと思う。DVD揃えたいなぁ…。

映画のことや本のこと考えると、しあわせな気分になる。

二つとも常にいつも新しいのがぽんぽん出てくるからいいなぁ…。いくつになっても映画をみて、本を読むことを楽しめる自分でいたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_

 

 

 

 

 

クーリンチェ少年殺人事件

恋の渦

blue

そうして私たちはプールに金魚を

お嬢さん

7番房の奇跡

スカーフェイス

湯を沸かすほどの熱い愛

ゆきゆきて、神軍

ディーバ

裏窓

やさしい人

 

 

 

観たい作品

恐怖分子がよかったから、エドワード・ヤンさんの作品もっと追いかけたい

愛の渦も観てみたいけど、予告で恋の渦もあるのを知って、低予算で作られてて内容もリアルそうだから気になるなぁ。。

そうして私たちはプールに金魚をは、赤色に女の子が立ってるポスターがとても好きで、内容も観てみたい

ゆきゆきて、神軍は、野火読んでからにしようかな…

さっきも映画一本みたけど、今からまた一本みる予定。。

映画熱が再発してきたかも

 

 

 

 

 

 

/

 

 

 

 

 

 

 

ずっと忘れられない人ばかり、想ってしまう。夢に出てくる。

忘れられないってどういうことだろう。

感情に深く刻まれてるのか、今でも想ってるのか、よくわからないもやもやした気持ちと愛しいきもちが混ざりあう。

忘れる努力をしてもまた同じところに戻ってきてしまう

たくさん色んな人と出会って忘れてを繰り返してきたのに、それに当てはまらないのなんでかな…。どうしてその人じゃなきゃダメなんだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

君の名は

 

 

 

 
f:id:lll__c:20170808191617j:image

 

 

君の名は。」をやっと観た。

公開されてもう一年近く経ったなんて信じられないなぁ…。新海誠さんの作品は「秒速5センチメートル」、「言の葉の庭」この二作がとても好き。

他にも観たけど、この二つは特別かなぁ。

映像が美しいから映画館向けだなぁと思ってたけど、やっぱり「君の名は」も映画館で観ておけばよかったと後悔。。

彗星の色合いや空を切っていく様子、本当に綺麗だった。この作品は予備知識なしで観ようと前から思っていて、実際そうしてよかった。

RADWIMPSの歌がたくさん入っていて、いろんな意見があるけど、私は好きだった。歌詞がすごくぴったりだったからかもしれない。

新海誠さんの映画、音楽がマッチしていていつも驚く。秒速の山崎まさよしさんの歌なんて、作品に合わせて作られたんじゃないかと思うくらい。

結構内容が早く進むから考察を後から読んで納得した部分もあり、よく考えて作られていて、私は後からあれこれ思いを馳せるのが好きだからそこも満足。

ラストが心配だったけど、新海誠さんはこの作品でひとつ到達点に達したような気がして感動。次の作品も楽しみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_





f:id:lll__c:20170724155022j:image



 

 

 

夏休みの図書館は、ひんやりしてきもちいい。

クーラーがきいた部屋は火照った肌をゆっくり冷まし、本を選んでしまうころには外の熱気のことなんてすっかり忘れてしまっている。思い思いに色んな人が本を選び、椅子に座って読んでいたり、資料を片手に学生たちが何やら熱心に話し合いながら歩いている。学校の課題かなぁ…。

ふと目をやった大きな窓ガラスから見えた景色は、縁取ったようなくっきりした白い雲と夏の熱を纏った町並み。歩いてるとすぐ側に感じる建物の重厚さや自然の匂い、騒々しい車の音も窓ガラス一枚でこんなに遮断されてしまうことが、なんだか不思議に思えてしまう。静かなのはとっても落ち着く。

おじいさんやおばあさん、小さな子供達や母親に抱かれた赤ちゃん。集まる年齢も様々、図書館は同じような目的を持った人達が集う、時間を決めてない集合場所みたいだなぁと思う。

町内のお祭りがはじまる前、夕方みんなが花火を持ってぱらぱらと公園へと歩いてくるようなゆるい雰囲気に似てる

 

この時期は一番読書が捗る季節で、私の場合は現実逃避に近い。暑さを忘れる努力をしないと、むっとむせかえる空気に心も身体も抑え込まれてしまいそうになる。

7月の図書館は学生時代を思い出すし、冬の真っ白な雪景色くらい好き。

早く寒い季節にならないかなぁ…。

 

よしもとばななさんの、「TUGUMI」が夏らしく清々しさがとてもよかった。よしもとばななさんの本を読むと、いつも優しいきもちになる。

あと吉田修一さんの「愛に乱暴」や松本清張さんの「黒革の手帖」など読了。

今、山崎ナオコーラさんの「男と点と線」読んでる。年齢も職業も違う人達の日常を切り取ったようなお話たち。

高校生カップルが水族館デートするお話があるのだけど、とりとめがなく少しふざけていて、出口の見えない場所で立ち止まったままのような、誰かがプールにずっとプカプカ浮かんでいる姿が読んでる最中、頭のなかにあった。

自分の高校生のときの感覚に戻ったようで、あの時は将来をどんな風にも考えられなかったなぁと思い出した…。良くなるか悪くなるのかも。

 

 

今年はかき氷イチゴとメロン、二種類食べた。もう食べたい味がないのに、夏は続いてく。ヨーヨーや金魚すくい、たこ焼き、クレープ、沢山の人達が練り歩く、神社のお祭り。静かな場所と対照的な賑やかな場所も同時に恋しくなるのはどうしてだろう。

夏は、ほんとうに忙しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

六月

 

 


f:id:lll__c:20170604023910j:image


 

 

『六月に入りました。雨はまだあんまり降らず、梅雨ももう少し先になるのかなぁ。アスファルトは照り返す暑さで、じりじりふやけそうなくらい

もうすぐまたあの暑い夏がくる

アイスは食べる先から溶けていき、プールにぱしゃぱしゃ遊ばせる足音、涼しそうに尖るサンダルのつま先、片手で口を塞がれるような息苦しく時がとまったような夜の空気も

 

毎年この季節は、憂いを帯びた目を伏せがちに、グレーのきもちでいっぱいになる

陽炎がもやもやと遠くの景色をゆらめかせる熱にずっと憧れてるのに、それは毎年遠くなっていく気がする』

 

 

 

 

六月一日に下書きしてた文章

もうそれから20日くらい経とうとしてるの早いなぁ…。暑さにへとへとになりながら、涼しいものを探して毎日生きてる。

避暑地に旅行にいきたいなぁとか、滝の美しさ、かき氷の味や、海のこととか色々考える。

学生の時に思ってた、夏休みの何かが始まるような予感や、どこまでも続く漠然とした夜。そういうのにいつまでも憧れてしまう

 

 

変わらないでいることと変わってくこと、どちらがいいんだろう…

最近よく思う。どちらかになり片方が失われ、前のほうがよかったのにとか、どうしていつまでもそのままなのとか言われたら、どうしていいかわからないなぁと思う…

結局どっちともダメなんじゃないのかなって。

難しいなぁ…状況や時間が複雑に混ざりあい、どうやったって変わってくのに、何を求められても届かないように感じて悲しくなる